川崎の引越しゴミ回収ならお任せ下さい。

不用品回収パワーズ

川崎の引越しゴミ回収【ポイントとFAQ】

私たちは川崎で引越しゴミ回収を行っています。ゴミの分別作業ができないという人でも安心して利用できるサービスです。プロのスタッフが分別作業を代行するため、気軽に相談してください。朝から夜まで対応できるサービスです。不用品回収の際には、それぞれの状況に合わせて最適な車両を用意します。軽トラや1トン車、2トン車のプランを用意しているため、適切なものを選択しましょう。訪問見積りは無料で対応しているため、どのくらいの費用がかかるのか気になる人は気軽に申し出てください。

引越しゴミ回収 川崎

1個や少量の不用品であっても、問題なく対応することができます。緊急時の当日依頼であっても、できるだけすぐに対応することが可能です。エアコンの取り外しにも対応しているため、希望があれば何なりとお申しつけください。ゴミ屋敷のような状態になっていたとしても、問題なく対処することができます。年中無休でサービスを提供しているため、土日や祝日であっても、安心して利用することが可能です。回収したものはすべてリサイクルのために用います。リサイクルできないものも適切な処分を行うため安心してください。引越しゴミ回収で気になることがあるならば、お気軽にクリーンパワーズまで相談しましょう。

01引越しゴミ回収業者の仕事とは

引越しゴミ回収とは、その字の通りに引越しで出るゴミを回収することですが、引越しゴミ回収業者は、引越しゴミ以外にも様々な物を回収しているケースがほとんどです。
業者によっても対応できるサービスは異なりますが、不用品の回収はどこの業者でも対応していて、家電や家具の回収、空き家の片づけ、ゴミ屋敷の片づけ、遺品整理、粗大ごみの回収、断捨離のお手伝い、マンションやアパート売却時の家財道具の撤去、トランクルームやコンテナ倉庫の不用品やゴミの撤去なども依頼可能となっています。
遺品整理などでは、遺族が気づいていない貴重品や通帳や現金などを探しながら作業をしてもらうことも可能で、形見分けの相談や立ち合いをしてもらえる場合もあります。
回収できる品目も豊富で、大量のゴミや不用品がある場合は事前にそのことを伝えて、量に合った車両を用意してもらう必要があります。
ほとんどの引越しゴミ回収業者では、事前に無料で見積りをしてくれて、場所にもよりますが基本的に出張費も無料となっています。
家電の回収に対応している業者であれば、エアコンの撤去にも対応してもらえる場合が多く、家の中からの運び出しも全て任せられるようになっています。

02初めて引越しをする方でゴミの処分に困っている方に向けて

初めて引越しを行う方は、荷物の片づけにかなり苦労することだと思います。
家族が多いほど大量の引越しゴミができる可能性も高く、一人暮らしでも新生活をはじめる場合は、家具や家電を買い替えるケースが多く、軽トラック一台分程度のゴミが出るのは当たり前です。
一昔前のように、粗大ごみを家の前などに無料で捨てることもできなく、家電を処分する場合は高額なリサイクル料金もかかることから、初めての引越しのときには荷物の片づけと粗大ごみの処分方法に悩まれる方がほとんどだと思います。そのような悩みをスッキリ解消してくれるのが引越しゴミの回収業者です。各地域には必ずと言っていいほど引越しゴミを回収してくれる業者がいて、川崎にもその周辺にも数多くの業者が営業しています。

初めて引越しをする方でゴミの処分に困っている方に向けて

単に引越しゴミを回収するだけという業者もいれば、引越しの際の荷物の片づけを手伝ってくれる業者もあるので、自分で荷物の整理や処分をする時間がない、それらをするのが面倒だという方は、自分がして欲しい業務に対応している引越しゴミ回収業者を探して便利に使用してください。
荷物の片づけ以外にも、エアコンの撤去や遺品整理やゴミ屋敷の整理にも対応してくれる業者もいます。

03引越しゴミを回収してもらうときの3つのお悩み

1.どのようなゴミが粗大ごみなのか知りたい
粗大ゴミの定義は、住んでいる市町村によって変わりますので、詳しくは自治体に尋ねることをおすすめします。
たとえば、東京23区であれば、おおむね30p以上の大きなゴミを粗大ゴミとして扱います。
また、家電リサイクル法には注意が必要で、粗大ゴミとして捨てることができない家電は、テレビ、洗濯機、エアコン、冷蔵庫の4種類です。

2.引越しゴミは業者に回収してもらうのが正解なの?
引越しゴミは、不用品の回収業者に依頼すれば家中のゴミや不用品をまとめて回収してもらえるので便利です。
しかし、同じ不用品回収業者の中にも、単にゴミなどを回収するところもあれば、リサイクル品はお金に替えてくれる業者もあります。
また、サービスの内容や料金も業者ごとに異なり、大きな差があるケースも多いのが現実です。

3.自治体の粗大ゴミサービスを利用した方がいい?
引越しゴミは専門の回収業者に依頼するよりも、自治体の粗大ゴミサービスを利用した方が費用が安くなる場合もあります。
しかし、その場合は捨てることができないゴミがあったり、自分で指定の場所までゴミを運ばなければいけなかったりなどのデメリットもあるので、その点にも注意してください。

04引越しゴミを処分するための方法を種類ごとに紹介

引越しゴミ回収 川崎

引越しゴミで処分に困るのが粗大ゴミですが、ゴミの日に捨てることができない粗大ゴミを処分するのにはいろいろな方法があります。粗大ゴミでもまだ使えるもので、引越しまでに時間に余裕がある場合は、リサイクルショップを利用したり、ネットオークションを活用したりすることをおすすめします。粗大ゴミをお店に運ぶことができないという方は、リサイクルショップや買取店の出張サービスを利用すれば良く、今では大抵のお店が出張料も査定料も無料で対応してくれるようになっています。
お金はいらないから無料で処分したいという場合は、友人などの知り合いにゆずるという方法もあります。できるだけ多くの人に声掛けをしてみると、意外に自分にとっては粗大ゴミでも欲しがる人は意外に多いかもしれません。
確実にお金に替えられない引越しゴミは、自治体の粗大ゴミサービスを利用するか、不用品回収業者に処分してもらう方法があり、引越し業者に引き取ってもらえる場合もあります。
不用品回収業者の中は買取に対応しているところもあるため、自分にとって最もお得で都合の良い方法を選択してください。

05神奈川県全域と東京などで引越しゴミの回収を実施

横浜市保土ヶ谷区に拠点を構え、東京や川崎などにも事務所を置いて、引越しゴミの回収や遺品整理、ゴミ屋敷の片づけ、空き家の家財片付けなどを、神奈川全域、東京など幅広く提供しています。
対応エリアでもある川崎市は、神奈川県の北東部に位置しており、多摩川を挟んで東京と隣接しています。
川崎市は川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区の7つの区で構成されていて、2021年7月時点の人口は約154万1千人となっています。
川崎市は政令指定都市の中では最も面積が小さいですが、神奈川県では横浜市に次ぐ第二の都市で、政令指定都市としては最も財政に余裕があり、市の全域で宅地化が進んでいます。
川崎市は東京へのアクセスが良いことから、人口も増加傾向にあって、市の中心地である川崎駅には関東有数の繁華街が広がっています。そのため、駅の周辺は常に多くの人で賑わっています。
川崎市は東京のベットタウンとして発展してきましたが、臨海部に広がる京浜工業地帯の工業都市でもあります。
最近では多摩川沿いの武蔵小杉駅周辺に多くのタワーマンションが建設され、街並みは一変し、東京からの移住者も増え、より東京との関りが深まっています。

06引越しゴミを回収してもらうのにどのくらいのお金がかかる?

引越しゴミを回収してもらう場合には、引越し当日に依頼した引越し業者に頼めば良いと考える方も少なくないようです。
ただし、引越しで出る荷物に限らず、廃棄物を処理するには各都道府県知事の許可を受けた業者でないと取り扱いができないことになっているため、引越し業者の大半はゴミの処分ができなくて断られる場合がほとんどです。ただし、最近では引越し業者の中に不用品の買取を行っているところも増えているため、そのような業者を探して買取してもらえるなら、引越し代を浮かせることができるのでおすすめです。

引越しゴミを回収してもらうのにどのくらいのお金がかかる?

肝心の引越しゴミに関しては、やはり事前にしっかり調査して、必要なものとそうでないものを仕分けしてゴミの回収業者などに依頼することをおすすめします。
引越しゴミを業者に回収してもらう場合には費用がかかりますが、こちらもできるだけ費用を抑えるなら、不用品を買取に対応している業者、もしくは安くゴミを回収してくれる業者を探すことを推奨します。
不用品の買取価格もゴミの回収価格も業者によっても品物によっても大きく異なるため、事前に見積りしてもらいましょう。

07引越しゴミを効率良く回収に出すための3つのポイント

011つの種類に絞って片付ける

引越しゴミを回収に出す前に、ゴミの整理がはかどらないという方もたくさんいるようです。その対策としては、一度に全部を片付けようとしないで、1種類のゴミに絞って片付けるのがポイントです。
たとえば、燃えるゴミならそれだけをゴミ袋などに詰め込み、それが完了したら他の種類と進めていけば、意外に短時間で引越しゴミを片付けることができます。

02大きめのゴミ袋を用意する

引越しゴミを回収に出すときには、大きなゴミ袋を用意すれば、効率よくゴミの片づけを行うことができます。
ゴミの日に捨てられるものがある場合は、大きめのゴミ袋を用意することで、ゴミ集積所への持ち運びを楽にすることができます。
また、大きなゴミ袋を用意すると、それを一杯にしたいという心理が働き、作業効率をアップさせることにもつながります。

03迷ったゴミは後回しにする

ゴミを回収に出す前に整理をするときには、捨てるかどうか迷ったゴミは後回しにすることをおすすめします。ゴミの片づけを長引かせてしまう大きな要素に迷いがあり、その時間は作業効率を極端に低下させてしまう大きな要因になります。
迷ったゴミは一ヵ所に集めておいて、まとめて後から判断することで、どんどん作業が進みます。

FAQ一覧

PageTop